よくあるご質問

車検に関するQ&A

中古車購入に関するQ&A

車検がすでに切れている場合はどうすればいいのですか?

車検がすでに切れている場合は公道を走ることができません。
以下の2つのどちらかの方法で、工場までお越しください。

【各市区町村の役場で発行する仮ナンバーを取得し、合法的に公道を走って工場に来ていただく方法】 仮ナンバー(正式には「自動車臨時運行許可制度」)申請には、印鑑・免許書・期限がきれていない自賠責保険証・発行手数料等々です。仮ナンバーの申請受付時間、ナンバー返納可能時間や申請窓口は各役場に問い合わせください。 車検終了後は、仮ナンバーだけではなく自動車臨時運行許可証も返納しなくてはなりません。

【キャリアカーで搬送して工場まで来ていただく方法】 キャリアカー(車両積載車)で、お客様のお車を引き取りにお伺いする方法でございます。 この場合、当社が設定する引き取り料金が別途必要となります。また、キャリアカーが利用中などで引取りの対応が出来ない場合がございます。

他府県のナンバーでも車検は出来ますか?

もちろんできます。ただし、納税証明書がない場合は取り寄せる時間がかかります。よく確認してからご予約ください。納税証明書を紛失された方で当社にご依頼される場合は、手数料が別途必要です。

民間車検工場とは何ですか?

民間車検工場とは、法律で定められた設備や技術の一定基準を満たして国から指定を受け、国の検査場と同等の自動車検査を実施できる民間の整備工場です。民間車検工場は車検(検査)の前に法定24ヵ月点検を実施し、不合格箇所があればその交換整備、 不具合のある箇所があれば、こちらも整備をし、基準を満たしたものを合格とするように法律で義務付けられています。サポート1車検は、お客様の了承の上、作業を進めますから過剰整備の心配は全くありません。つまり、必要な安全性は確保したうえで、ユーザーの自主性にまかせ、ある時は経済的に、ある時はフル整備で車検をおこなうことができるお客様本位の車検です。

来月車検ですが、来月中に時間が取れない場合はどうすればいいのですか?

車検は車検満了日(車検が切れる日)の1か月前から受けても、次の車検はその車検満了日から数えて2年後となります。しかし、車検満了日の1ヶ月以上前に 車検を受けた場合は、その車検を受けた日から2年間(厳密には車検後に工場が書類手続きを行った日より2年間)になります。つまり車検はいつでも受けるこ とは出来るのですが、1ヶ月以上前から受けると、残った車検期間が無駄になってしまいます。以上を踏まえた上でご計画をお立て下さい。

不正改造例を教えて下さい。

以下に該当するものは保安基準に適合しない例で、車検は不合格になります。

  1. 車体形状 :鋭い突起のあるエア・スポイラなど
  2. テール・ランプ:レンズにストライプ・テープ等を貼付
  3. ホーン:ミュージック・エアー
  4. 方向指示灯:点滅が著しく速いもの
  5. タイヤ:車体外への突出
  6. 着色ウインドゥフィルム:フロントウインドウ・フロントサイドウインドウ
  7. バック・ミラー :非緩衝式、鋭い突起
  8. フォグ・ランプ:明るすぎるもの
  9. ヘッド・ライト:灯光の色違い
  10. シャコタン:車高を下げているもの(最低地上高が9cm未満) 
ユーザー責任(車検制度の改正)について教えてください。

平成7年7月1日、車検制度の改正がありました。改正は次の3点です。

  1. 自家用乗用車の6ヶ月点検制度の廃止。
  2. 車齢11年以上を超える自家用乗用車について車検の有効期限を1年から2年に延長。
  3. 従来の前整備、後検査方式と前検査、後整備方式の並立制承認。

上記の改正は、整備工場やカーディーラーでなく、ユーザー(自動車の使用者)がきちんと車両の管理責任をとることを前提としての規制緩和です。ですからユーザーは、法定点検や自らおこなう日常点検の上、不調な箇所の整備を専門家である整備工場に依頼する必要があります。

ユーザー車検とは何ですか?

ユーザー車検とは法律に基いて自動車の使用者(ユーザー)自ら点検し、国の検査場に継続検査(車検)を受けに行く事です。法律上は、第3者ではなく、あくまでも車の使用者(ユーザー)が検査を受ける事になっておりますが、委任された第3者が検査を受ける場合は、ユーザー(自動車の使用者)の代理をしていることになります。これが「ユーザー車検代行」です。

国の検査場で行う検査は、ブレーキテスタや排気ガステスタなどによる機器検査と、外部から部品の破損等を検査する目視検査等の方法により、検査の時点の安全面や公害面を検査するものです。したがって、ブレーキ内部の劣化や摩耗の確認などは行いませんので、車検後の車の安全性は全く保証されるものではありません。そして、その安全性の責任はユーザーが管理するというのが今のユーザー車検です。

ユーザー車検(代行)との違いは何ですか?

代行業者の車検は、単に車検の有効期間の更新だけが目的で、整備は行なわれないケースが多いようです。したがって、安全性についても問題があるように思わ れます。一見お安くなっているように見えますが、検査直後に故障することもありえます。検査直後に故障しても代行業者は責任をとってくれませんし、検査に 合格しても自分で管理し、定期点検を受ける必要があります。安心してお車を使用していただくために、分解・点検・整備付きで保証書付きの当社の車検をお勧 めします。

問題が解決しない場合は、国土交通省のHPを参照ください。
名義変更の場合は⇒登録4 廃車手続きの場合は⇒登録5

カーリースとクレジットの違いは?

当社オリジナルのカーリースは、月々のお支払い(リース料金)でお車の5年分の維持費がほぼ全て含まれます。自動車税はもちろん、車検、法定点検、オイル 交換、消耗部品の交換までメンテナンス内容も充実しており資金計画が楽になります。 一方クレジットのお支払い金額に含まれているのは、契約時のお車の費用のみであり、自動車税や車検、法定点検、オイル交換、消耗部品の交換等のメンテナンスはその都度お客様の実費となります。

リース契約満了後はどうなっていますか?

下記の3つの中から選択できます。

  1. 設定されている残存価格にて買い取り。
  2. お車を返却してリース終了(返却時に車両査定あり)
  3. 新たに別の新車に乗り換える。
新車リースと中古車購入はどっちがお得ですか?

保証が違います。新車は5年間または走行距離10万キロまでの特別保証と3年間または走行距離6万キロまでの一般保証があります。車は2万点程の部品で出来ていますが一部保証の効かない部品もあります。しかしスーパー乗るだけセットには、ほとんどの 部品が含まれています)中古車の場合は購入したお店が3ヶ月から6ヶ月、最長で1年程度の保証をするだけです。当然新車より中古車が古いわけですから故障する確立は高いわけです。

リースの車両にオプション品は付けられますか?

オプション装着も全てOKです。
お好みの品でドレスアップするも良し又、あなただけのオリジナル仕様も可能です。

お問い合わせは下記までお気軽にご連絡下さい。
【受付時間】9:00~20:00 【定休日】年末年始・GW・お盆
【所在地】〒458-0022 愛知県名古屋市緑区小坂二丁目2310番地
メールでのお問い合わせは24時間年中無休受け付けております。

TEL:0120-511-715
<サポート1車検専用>TEL:0120-511-543

メールでのお問い合わせはこちら



サイト内検索

店舗情報

株式会社早川モータース
〒458-0022
名古屋市緑区小坂2-2310
TEL:0120-511-715
<サポート1車検専用>
TEL:0120-511-543

Copyright (C) 株式会社早川モータース All Rights Reserved.